CHARACTER 登場人物

ギルガメッシュ 丘山晴己

古代メソポタミア、シュメール初期王朝時代の伝説的な王で、「ギルガメシュ叙事詩」の主人公。
伝説では「すべてをみたひと」「深淵を除きみたひと」と語られる。
時に冷酷に、時に人情を認め、厳しくも民を導く偉大なるウルクの王。

PROFILE

VISUAL CHANGE

エルキドゥ 山﨑晶吾

「ギルガメシュ叙事詩」上ではギルガメッシュの無二の親友として語られる。
その実はギルガメシュを諫めるため神々が作りだした“人形”である。
穏やかな口調、たおやかな仕草からは想像できないほど苛烈な戦闘能力を持った“意志持つ宝具”。

PROFILE

VISUAL CHANGE